京都ものづくり協力会 >  お知らせ >  京都陶磁器研究会 >  陶磁器技術講習会 「京都業界における坏土及び市販釉の昔と今,そして今後」

京都陶磁器研究会

陶磁器技術講習会 「京都業界における坏土及び市販釉の昔と今,そして今後」

2019.10.03

 京都陶磁器研究会では,令和元年10月17日(木)に「京都業界における坏土及び市販釉の昔と今,そして今後」のテーマで陶磁器技術講習会を開催します。

 陶磁器製造業界においては,全国的にも窯業原料の枯渇化,品質の安定化,入手の困難化など大きな問題として危惧されています。
 そのような状況の中,京都の陶磁器業界においても,坏土を供給されている4つの企業や事業者の内,2つの業者が相次いで廃業,閉鎖しました。現在、京都の業界団体ではその対処として類似ならびに同等品を販売していただける企業の紹介を行っています。
 これらの状況を踏まえ,京都市産業技術研究所では,これまで京都の業界で使用されてきた坏土ならびに今問題となっている市販の石灰釉について,その解説と今後の対応について技術講習会を開催致します。

  講習会案内・申込書

日時:令和元年10月17日(木) 15時00分~16時00分

会場:地方独立行政法人京都市産業技術研究所 2階多目的ホール
京都市下京区中堂寺粟田町91(京都リサーチパーク9号館南棟)

内容:「京都業界における坏土及び市販釉の昔と今,そして今後」講師:窯業系チーム

定員:60人(先着順) ※)定員を超えた場合のみ,お断りのご連絡を致します

参加費:2,000円 (主催,後援団体会員は無料)

申込方法:参加ご希望の方は,申込書により令和元年10月11日(金)必着にて郵送,又はFAXによりお申し込みください。
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91
地方独立行政法人京都市産業技術研究所 窯業系チーム(陶磁器)宛
FAX:075-326-6170

問い合わせ先:窯業系チーム 田口まで TEL:075-326-6171(直),075-326-6100(代表)

一覧に戻る